ホーム > blog > 2012年4月

群馬産フルーツトマトの冷製スパゲッティーニ、ルーコラ添え

群馬産フルーツトマトの冷製スパゲッティーニ、ルーコラ添え

GWについに突入しましたね!

そして今日はとても暖かいですね。

なので!

冷製パスタ始めました(^O^)v


定番のフルーツトマトのパスタなのですが、トマトがとても美味しいので、たっぷりと盛って提供致します!

富山産白海老と菜の花のサフランリゾット

富山産白海老と菜の花のサフランリゾット

写真だと色が微妙ですが、

鮮やかなサフランイエローです!

菜の花畑のイメージです。

白海老も香ばしいです♪

日向夏とカモミールのジュレ・ヨーグルトのソルベ添え

日向夏とカモミールのジュレ・ヨーグルトのソルベ添え

鎮静作用のあるハーブ「カモミール」

ゆるーいゼリーにして日向夏と和えました。
酸味にキレのあるヨーグルトのソルベと一緒にどうぞ!

小肌とパプリカのマリネ

小肌とパプリカのマリネ

コハダは塩とビネガーで〆ます。

パプリカは直火で真っ黒になるまで焼いて皮を剥き…

ではなく、オーブンでじっくりとローストして皮と種を掃除します。この方が甘みがぐっと増します。

コハダの酸味とパプリカの甘味のバランスの良い、爽やかなアンティパストです!

仏産ホロホロ鳥モモ肉のカチャトーラ

仏産ホロホロ鳥モモ肉のカチャトーラ

カチャトーラとは猟師風という意味です。


プッタネスカと通じるところがあるのですが、保存のきく、アンチョビ、オリーブ、ケッパーを使ったソースです。

カチャトーラは臭み消しでローズマリーやワインビネガーを使ったりします。

ハンターが獲物を仕留め、野外でなんとか美味しく食べようとした野趣溢れる調理法…

と勝手に解釈しております。


足し算、足し算な味付けなので最近めっきり見ませんね!

ちょっと懐かしく思いましてやりたくなりました。そこまでこってりしないように仕上げます。

骨付きで提供致します。

「ワイルドだろ〜」

GW営業のお知らせ

GW営業のお知らせ

ゴールデンウィークは気合いを入れて、5月6日まで休まず営業致します!

ぼちぼちご予約をいただいております。

小さいお店なのでお早めにご予約ください!

写真は沖縄の黒豚、あぐー豚のバラ肉の煮込みです。

皮付きなのでプルプルのモチモチな食感です!

勝浦産初ガツオのタリアータ・ふきのとうとアンチョビのソース

勝浦産初ガツオのタリアータ・ふきのとうとアンチョビのソース

タリアータとは「切り分けた」という意味。
イタリア語でかっこよく書いてますが、いわゆる「たたき」仕立てです!

ふきのとうとアンチョビを使った、味噌のようなディップ感覚のソースです。

初カツオの鉄分の強い味と合います。美味いですよ!

モッツァレラを詰めた花ズッキーニのフリット

モッツァレラを詰めた花ズッキーニのフリット

ズッキーニの花の中にモッツァレラとアンチョビを詰めてあります。

強力粉をビールで溶いて衣にします。
フリッターやベニエのようなふんわり、サクッとした食感になります。

本格的に春到来!な感じのビジュアルです♪

とりあえず定番の詰め物ですが、アレンジしていくかもです。

スモークした長崎産穴子と新たけのこのリゾット

スモークした長崎産穴子と新たけのこのリゾット

穴子は塩と脱水シートで締めて、一夜干しのように味を凝縮させます。それからスモークし、皮目を炙ります。
タケノコも香ばしくソテーし、これらの香りを米にまとわせながら仕上げるイメージです。

自信作です。是非ご注文ください!

イベリコ豚舌の煮込みと春キャベツのパッパルデッレ

イベリコ豚舌の煮込みと春キャベツのパッパルデッレ

イベリコ豚のタンは、玉葱と少量のトマトで2時間じっくりと煮込んであります。

その煮汁をソースにし、春キャベツとえんどう豆を入れ、パスタと和えました。


パッパルデッレは幅2cmほどのロングパスタです。食べ応えありますが、薄めに作ってありますのでヘビーすぎず、ソースとの相性はバッチリです!

1  2

green